一人暮らし 引越し 電気 ガス 水道

電気、ガス、水道の手続きについて

一人暮らしの引越しで電気、ガス、水道の手続きについてお勧め引越し一括見積もりサービス

 

当然ながら一人暮らしをする際にも電気・ガス・水道は必須です。
ただ、引越しの準備をする際にこれらの手続きを怠っており、
引越し当日から使えない…ということになると大変ですよね。

 

そこで、忘れてはならない電気・ガス・水道の手続きなどについてご紹介しましょう。

 

電気の手続きはどうすれば良い?

引越し1週間くらい前に電力会社のホームページか電話で
申し込みをする形になります。
いつからどの物件に入るのか、住所はどこなのかということを
確認した上で電話をしましょう。

 

ここではお客様番号などを聞かれることもあるので
事前に不動産会社に確認しておいてくださいね。

 

あとは入居した物件でブレーカーをあげれば利用開始という形になります。

 

ただし、これで終わりというわけではなく、一般的には玄関ポストや下駄箱などに
電気利用開始に伴うお知らせのはがきが置いてあるので
これを書いてポストに投函しなければなりません。

 

最近は不動産会社の方で手配してくれるところもあるようです。
また、はがきなども不動産会社の方で用意してくれるところがあるので確認してみましょう。

 

現在も賃貸物件に住んでおり、そこから別の物件に引越しをするという場合も
電話で連絡を入れる必要があります。

 

電気料金を安くするためのポイント

一人暮らしといっても何かとお金がかかるので、
生活光熱費にかける費用はできるだけ抑えたいですよね。

そこでおすすめなのが電気のアンペアを変更するということです。

特にあまり電気を使わない方の場合、契約しているアンペアを
小さいものに変更した方が基本料金を抑えることができるでしょう。

 

逆に現況よく使う方は頻繁にブレーカーが落ちるのも良くないので
アンペアを増やす契約をしてみてくださいね。

 

ガスの手続きはどうすれば良い?

使用中止の手続きをする場合は電話やホームページからガス会社に連絡をして手続きを行います。

 

このときに契約者の氏名と現住所、検針結果などに記載されている
お客様番号、電話番号、使用を中止する日を伝える形になるのですが、
この時に引越し先の住所を伝えておくとまとめて転居先での
ガス開栓手続き申し込みもできるので一緒に行うと良いでしょう。

 

その際には引越し先の住所や電話番号も必要になります。

 

新たに一人暮らしをするという方はガスの手続きは電気の手続きに比べて
早めに終わらせておいたほうが確実です。

ガスの開栓には係の立会が必要になるため、
最低でも2週間前には手続きを済ませておきましょう。

引越しシーズンの場合、3週間ほど前に連絡を済ませておいた方が良いです。

 

不動産会社などに確認してお客様番号を調べておいてくださいね。
あとはガス会社のホームページで手続きを行います。

 

注意しなければならないこととしてガスの開栓は必ず立ち会いをしなければならないため、
立ち会いできる日を選択して開栓しもらいましょう。

 

ガスはコンロを使って料理をする際に必要なだけでなく、
お風呂やシャワーのお湯を沸かすのにも使われているので、
ガスの契約が遅れてしまうとお風呂にも入れません。

 

水道の手続きはどうすれば良い?

すでに賃貸物件に住んでいるという方はまずは水道の使用中止の手続きを行いましょう。
これは引越しの1週間前までに行うのが理想です。

 

水道局に電話をするかホームページからアクセスし、
契約者氏名と現住所、検針票に記載されているお客様番号、
使用を中止する日を伝えます。

 

新しい転居先が決まっているのであれば引越し先の電話番号と住所も必要です。

 

新居での使用開始手続きを行う場合は物件の郵便ポストや玄関あたりに置いてある
開始申込ハガキに必要事項を記入してポストに投函しましょう。

蛇口をひねっても水が出ない場合はメーターのバルブが
開いていない可能性があるのでチェックしてみてくださいね。

一人暮らしの引越しで電気、ガス、水道の手続きについてお勧め引越し一括見積もりサービス

 

電気・ガス・水道の注意点

気を付けなければならないこととしてガスは立ち会いが必要なので
申し込みをしなければ使えませんが、
電気や水道は手続きをしなくても使い始められるケースも多いです。

 

しかし、旧住所の利用停止手続きをしなかったり、
使用開始のハガキを送らないとあとから面倒なトラブルになるケースも
考えられるのでそういったものを避けるためにも必ず手続きを済ませておきましょう。

 

引越し業者の予約も忘れずに

電気やガス、水道の手続きについてはしっかり行っておいたものの、
引越し業者の予約を忘れて焦る方も多いです。

 

こちらも最低でも1ヶ月前には予約を済ませておきましょう。

どの業者を選択すれば一番安く済むのかというのはその人によって違います。

 

実際に仮見積もりを取ってみないと具体的な金額がわからないので、
一括見積もりサービスというものを活用して
たくさんの業者から仮見積もりを取ってみてくださいね。

 

無料で利用できて複数の業者に対して仮見積もりを依頼できるので
非常に便利なサービスです。
どの業者が安いのかということだけでなく、各業者の対応スピードなども比較できます。

 

一人暮らしの引越しで電気、ガス、水道の手続きについてお勧め一括見積もり

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。